みんな大好き、高級食材「和牛」

食べ物系で大人気なのが高級和牛です。景品に高級食材を選ぶメリットは、まず嫌いな人が少ないこと、そしてもし嫌いだったとしても、ご家族やご友人などと一緒に食事を楽しむ機会が設けられ、無駄になる可能性が非常に低いことです。高級食材の中でも和牛は特に人気が高く、また様々なお料理に使用できる優れた逸品です。高級和牛として名高い松坂牛や神戸和牛といった牛肉から始まり、もう少しリーズナブルに抑えたA5級黒毛和牛なども景品としては非常に人気が高いです。和牛の価格帯は安めのもので5000円台から、高級ブランド和牛なら1万円前後の品まで用意されています。

食材を景品にすると問題になるのが鮮度についてです。せっかくの高級食材でも、鮮度が落ちてしまうと味も落ちてしまいますので、景品としては少し不向きのようにも思えますが、その点は心配ありません。景品専門のインターネット通販では、二次会の予定に合わせ、更に場所を指定した上で配達してもらうことも可能で、支払いだけは先に済ませておけば、後は当日に現地で受け取るだけという流れになります。もちろん鮮度は保たれていて、味の心配はありません。景品にお困りの際には高級食材である和牛を選んでみるのも良いでしょう。

夢のひと時を提供、クルージングチケット

クルージング近年では景品のラインナップも幅広くなっており、物ではなくサービス系の景品についても登場してきています。クルージングチケットは中でも人気の高い景品です。港が有名な横浜からクルージングで東京湾から都会の町並みを一望するという優雅なひと時が、景品として手に入れられるかもしれないとなれば、会場も盛り上がることでしょう。横浜に限らず、神戸から出港して瀬戸内海をクルージングするプランのチケットなどもあり、主要の港町からのチケットを購入することが可能となっています。お住まいの地域から近い場所のクルージングチケットを探してみるのも良いでしょう。

チケットを手配する際に注目しておきたいのは、サービスプランです。何名まで利用することが可能か、食事や飲み物はどのようなものが用意されるのか、そしてクルージングの時間帯の3点はしっかりとチェックしておいた方が良いでしょう。ビュッフェが用意されている、フリードリンクでお酒が飲める、お子様で利用しやすいなど、プランにも若干の差がありますので、景品を受け取る人のことも考慮して、チケット選びを進めていくことをおすすめします。夢のような癒しの時間を景品にしてみてはいかがでしょうか。

次ページ→みんな大好き、高級食材「和牛」

汎用性抜群のギフト券

金券系の景品は、老若男女を問わず、人気が高いです。景品選びが難航しているのなら、いっそのこと参加者に選んでもらおうというこの発想は非常に優秀です。ギフト券を景品として用意するメリットは、やはりもらった人が自由に好きな景品を購入できるという点にあります。ギフト券と交換できるのは品物だけではなく、特定のサービスにまで及びます。例えば温泉旅館の利用料金に充てることができたり、テーマパークなどでも利用できたり、観光スポットにて利用できるなど、サービスにも利用できるのがギフト券の特徴です。

ギフト券は、持ち運びが簡単な点もメリットです。二次会にて景品を受け取ったとすると、そこから帰宅するまで、荷物が増えてしまうことになります。たとえ良い品物であったとしても、あまりに大きな景品だと持ち運ぶことに手間がかかってしまいますので扱いに厄介という難点があります。その点ギフト券ならばお財布に入れて持ち運ぶことができますし、ギフト券を使用するタイミングについても自由ですので、手間がかかりにくく、これも人気の秘訣と言えるでしょう。景品をどれにしようか迷っている場合には、目玉景品の1つにギフト券を入れてみることを検討されてみてはいかがでしょうか。

次ページ→夢のひと時を提供、クルージングチケット

二次会に目玉景品を取り入れたい!

二次会に目玉となる景品を取り入れたいと考えている幹事さんは、おそらく景品選びに頭を抱えていることでしょう。目玉となる景品に求められる要素は、誰もが欲しがるということで、万人が共通して欲しがるような品物を探すことはなかなか骨の折れる作業だからです。目玉景品を用意しておけば、たしかに二次会を盛り上げることにつながりますので、幹事さんとしてはなんとしても良い品物を用意しておきたいものです。しかし、参加者全員が欲しくなるような品物は見つかりにくく、景品選びに四苦八苦するというわけですね。

パソコンそこでおすすめなのが、インターネットを活用して人気の景品を調査するものです。ネット通販サイトの中には、二次会の景品に特化した通販サイトも登場しており、そこで人気の売れ筋景品が紹介されていますので、そういった情報を参考にしてみるのも良いでしょう。サイトの運営会社によっては、少々特殊な景品についても用意されていたり、特別な割引制度が設けられていたりするなど、お得な情報も盛りだくさんですのでおすすめです。

景品を用意する際に必ずネックになるのが、費用の問題です。目玉景品にお金をかけ過ぎてしまうとその他の景品のクオリティを下げる必要がありますので、できるだけ安く抑えることに越したことはありません。コストをかけず、なおかつ多くの参加者を満足させられる、そんな景品にはどのような物が考えられるのかについてご紹介していきます。

次ページ→汎用性抜群のギフト券